AIBSスタートアップ推進研究会の趣旨と進め方
ー第1回研究会(8月29日)の論義に基づき

<趣旨>

日本の新たな産業を牽引しうるスタートアップ企業が育ち、発展していくエコシス
テム(イノベーションのためのネットワーキングなど)について論義する。

スタートアップ企業が主体的にマネジメントの変革を推進しうる場と考えている。

<進め方>

スタートアップを動かす起業家、エコシステムに関わる方々などに月に1回の
ペースで問題提起・報告いただき、それを基に論議する。

第2回研究会(9月26日)

(1)余田幸雄氏より「主に技術系スタートアップを対象に課題を考える」

エコシステムに関わる大事な点を指摘(資金確保の面で日本のVCファンドの規
模の小ささ、スタートアップのチームづくりなど管理体制の整備、主体性のある
ビジネスモデル、支援組織のハンズオンを行なう能力の問題など)

(2)馮 麗萍(Liping Feng)氏(ウイングロボティックス株式会社社長)より事例報

エンジニアの不足を踏まえ、ロボットとAI技術を駆使して日本企業の生産性向
上に貢献する企業を目指す https://wing-robotics.com/